スポーツ障害治療

スポーツ障害とは?

・「スポーツ障害」と「スポーツ外傷」

スポーツ障害とはどのようなものなのかをわかりやすく説明します。

スポーツ障害とは、スポーツをしている間、またはその期間中に傷めた、痛んできたというようないわゆる「スポーツ障害」と「スポーツ外傷」に分かれます。

「スポーツ障害」はそのスポーツ特有の動きを繰り返し行うことによって身体の一部に負担がかかり、痛みが出てくることをいいます。たとえば野球のピッチャーであればボールを繰り返し投げるという動作を行いますので肩に負担がかかり、痛みが出たり、サッカー選手であれば、足に負担がかかる動作が多いので、膝や足を痛めてしまう訳です。

「スポーツ外傷」はそのスポーツ特有の動きの時に一度に多くの力が体に加わったことで体の一部分が大きく損傷を受けることをいいます。たとえば、バスケット ボール選手が体育館で走っていて急に止まることで、膝の靭帯に大きな力が加わり、その靭帯が切れたりすることもあります(前十字靭帯損傷)。
そのほか、ラグビーや格闘技、柔道など、体と体が強くぶつかったりするスポーツでも、ぶつかった時に大きな力が体に加わり、けがをすることがあります。これらはスポーツ外傷といえます。

以上のように「スポーツ障害」は、スポーツによって体に負担が少しずつ蓄積したために痛みが出てくることに対して、「スポーツ外傷」は、スポーツによって大きな力が身体にかかった結果、けがをして痛みが出るということになります。

スポーツ外傷はその原因がはっきりしているので明確に区別することができるのですが、スポーツ障害はその痛みがなんとなくであったり、いつの間にか痛いなどいつから痛いのか明確でなく、痛みの原因があいまいで分からないことが多々ありますので、そのような痛みの分析は、専門的な知識と経験が必要です。

当院は奈良産業大学 男子陸上競技部をサポートしています。

ほぐしルームふじわら治療室では、奈良産業大学男子陸上競技部をサポートしており、部員の皆さんのスポーツによる身体の不調をケアしております。
陸上競技もスポーツである以上、スポーツ障害ケアは必要不可欠です。
あらゆるパターンのスポーツ障害を見てきており、豊富な臨床経験を持っておりますので、是非一度ご相談いただければと思っております。

陸上部イメージ

奈良産業大学男子陸上競技部をサポートしております

鍼灸・ほぐし・整体・骨盤矯正・吸玉・小児はり

ほぐしルームふじわら治療院

〒639-0225 奈良県香芝市瓦口2153ノーブル壱番館305予約優先

近鉄 五位堂駅より 徒歩5分

診察時間
9:00〜12:00○○○○○○
15:00〜19:00○○○○○×

0745-78-0888

お問い合わせ・ご予約フォーム

院長経歴

  • 平成7年3月 関西鍼灸短期大学卒業
  • 平成7年度 鍼・灸師 国家資格取得
  • 平成7年4月より日本中国医学研究院「劉針灸院」勤務
  • 平成10年4月より「藤原針灸院」として独立
  • 平成19年12月より、更なる施術の向上を目指し「ほぐしルームふじわら治療院」と屋号を変更。現在に至る。
  • 一般社団法人奈良県鍼灸師会 理事
主な症状原因と施術法
顔面神経麻痺
円形脱毛症
前立腺肥大
肩こり
腰痛

ページトップへ